MFクラウド会計、freeeの導入を渋る会計事務所はありませんか?

クラウド会計ソフトで全自動化を進めたいのに、会計事務所が指定した使いにくい会計ソフトを、使い続けていませんか?

顧問の会計事務所にこんな不満はありませんか?

  • 指定された会計ソフトを使用しているが、とても使いにくく記帳が面倒で後回しになっている
  • 会計業務が全自動化できるクラウド会計ソフトを導入したいと、相談したが、嫌な顔をされ導入を渋られた
  • 対応がアナログで、情報共有に手間がかかる

廣升健生税理士

クラウド会計ソフトクライアント数No.1

廣升健生税理士事務所なら、そんな皆さまの悩みもまとめて解決!

一般的な会計事務所がMFクラウド会計、freeeの導入をためらう3つの理由

理由1:高額の会計システムが構築 年間数十万~数百万の使用料が発生する会計システムが既に会計事務所に導入されてしまっている

高い年間使用料を払っているから、お客に使わせないとな・・・・。 キックバックも弾むから、どんどんお客に使わせてじょ

一般的な会計事務所では事務所内に導入し年間数十万~数百万の年間使用料を支払っている会計システムのソフトをお客様にも使用していただくケースが多いです。
そのため、お客様は、会計事務所の都合で、使いづらい会計ソフトを使用しているケースも多くあります。
会計事務所の都合で言えば、導入しているソフトを使ってもらえれば、顧問料に転嫁しシステム利用料を回収できますし、会計システムの会社によっては、クライアントが、自身のパソコン等にその会計ソフトの導入をすれば、会計システム会社から会計事務所へキックバックがある場合もあります。
そのため、クライアントが使う会計ソフトは会計事務所本位。ユーザーが本当に使いやすい。使いたい。会計ソフトはオススメしていません。
ヘタをすると、使いにくい会計ソフトを使用させて、【面倒臭い】意識を植えつけ、面倒な作業の請負を名目に顧問報酬をとっている会計事務所も数多く存在します。


既存の使いづらい会計システムを、会計事務所の都合でクライアントに使わせているのでは、クライアントは報われないですよね。

理由2:機能面がまだまだ?? 会計事務所本位で機能の優劣を判断して、クライアントにアドバイスしている

クラウド会計ソフトと縄文会計の機能比較

会計ソフトは元々、会計事務所からの要望で、開発されているため、クラウド会計ソフトのような【預金通帳の自動同期】や【仕訳の学習機能】といった、ユーザーが求める日々の入力の手間を軽減出来る機能よりも、確定申告書を作る際の機能(決算書の主力等)に重点が置かれています。
そのため、会計事務所はユーザーの手間が軽減できるクラウド会計ソフトよりも、自身が使いやすい、従来の会計ソフトをオススメしたがる傾向にあります。

縄文会計サイコー♪ だじょ!


会計事務所が使いやすいという理由で、クライアントに会計ソフトを導入してもらうのでよいのでしょうか?私は、ユーザーが使いやすい会計ソフトをオススメします。

理由3:顧問報酬の値崩れ ユーザーが記帳代行が自動化できる事に気が付けば、顧問報酬の平均単価は下がる

クラウド会計ソフトの普及は脅威だと感じている会計事務所は少なくありません。
理由は日々の経理業務が自動化されることによって、記帳代行の基本サービス料金が高いことにクライアントが気付いてしまいます。その結果、顧問報酬の下落は避けられないのです。
そのため、会計事務所は、クライアントにその事実を悟られたくないために、クラウド会計ソフトの導入をしたくないというのが本音ではないでしょうか。
しかし、そんなことは会計事務所の都合ですよね。自動化できる記帳代行の手間をあえて作り、高額な顧問報酬をもらうことをビジネスにしているのであれば、会計事務所のビジネスモデルは変えていかなければいけません。

私の仕事が無くなってしまう〜! 通帳の自動同期と仕訳の自動学習、まままけたじょ!


クラウド会計ソフトの登場で、これからの会計事務所は記帳代行を請け負う【面倒な手間の代行屋】ではなく、専門知識を、お客様に提供することで、報酬をいただくという本来あるべきビジネススタイルになっていくのです。

MFクラウド会計、freeeは、会計業界と直接関係のない会社が作っているので開発がユーザー目線。会計事務所もクライアントあってのサービスです。

もう、我々の時代じゃないのかぁ〜。

ユーザーが1番、手間なく便利なソフトを使わせてあげるのが、会計事務所の使命ではないでしょうか!

クラウド会計ソフトの導入を検討されている方は導入実績50件以上の廣升健生税理士事務所にお任せください!

廣升健生税理士事務所の3つの強み 圧倒的な実績 ソフトを熟知 報酬の見える化

freee本『会社の経理を全自動化する本』amazonで絶賛発売中!!

会社の経理を全自動化する本 全自動クラウド型会計ソフトfreee(フリー)でお金も手間もかけずに、らくらく経理

本書は今話題のクラウドソフトfreeeを使ったカンタンに確定申告を終えられて、なおかつ会社の経理フローがしっかりわかる本です。
初期設定や日々の取引の処理についてどの様に処理を行えればいいのかわからない、税理士に毎月の顧問報酬を支払うほどではないけれど、freeeによる自計化の為に【導入部分だけ】知りたい、など短期集中で、日々の仕訳の留意点、帳簿の保存の仕方などをレクチャーすることで、自分自身で経理業務を円滑に運べるようになります。これからスタートアップ予定の個人事業主(個人、フリーランス)や、小商い(法人、小さな会社)の方の会社の経理を「全自動化したい人」におススメです。
毎年の確定申告の締切を目前に、「忙しいのに、困る! 」という方は必携の一冊です! !

freeeで全自動化マニュアル オリジナル図解集 ver.1 from Takeo Hiromasu
  • 会社の経理を全自動化する本 全自動クラウド型会計ソフトfreee(フリー)でお金も手間もかけずに、らくらく経理
  • 船井総研セミナー動画「クラウド会計ソフトfreeeの活用について」
  • エッサムセミナー動画「freeeとMFクラウドで事務所経営はどう変わる?」
  • freee × 廣升健生税理士事務所「freeeを使いこなすためのたった2つのポイント」
  • 確定申告書作成が1/5に!? クラウド税理士廣升健生インタビュー 前編
  • 確定申告書作成が1/5に!? クラウド税理士廣升健生インタビュー 後編
  • 廣升健生税理士事務所の3つの強み 圧倒的な実績、ソフトを熟知、報酬の見える化
  • 廣升健生税理士事務所Facebookページ
  • マンガでわかるクラウド会計 クラウド会計によろしく